万年筆の扱い方

オシャレな名入れ万年筆で自分だけの万年筆をゲットしませんか?就職祝いなどにもおすすめですので、一度チェックしてみましょう。

万年筆で文字を書く場合は、ペン先の刻印のある面を表向きにした状態で、ボールペンよりも角度を低くした状態で寝かせ気味に書いていきます。また、強い筆圧は必要がありません。力を抜いて紙の上をすべらせるように書いていくことが重要です。万年筆はメンテナンスを定期的に行っておくことが必要です。万年筆に入れているインクはペンポイントに流れる構造となっており、毛細管現象を利用し、使用したインクの分だけの空気が万年筆に流入するようになっています。良い書き味を維持するためには、このような流れが重要になってきます。最も必要なメンテナンスは、最低週2回ほど書いて使うことであると言えます。書く頻度が少ない場合のメンテナンスは、インクを抜いてから水を入れたコップの中にペン先を浸しておくと良いでしょう。水性インクなので、インクは水に溶けていきます。万年筆をメンテナンスする際、名入れ部分が落ちないか心配になる方もいますが、名前を彫って作っているものが多いため気軽にお手入れできます。

万年筆を使い終わったらキャップを閉めておくことが重要です。また、閉め方にも注意が必要です。プッシュ式のキャップである場合は、ペン先を上に向けた状態にして閉めましょう。横向きで閉めてしまうと空気圧によってインクが漏れ出てしまい、手や紙を汚してしまう事があります。バッグなどに収納する際にも、ペンケースにしまい、ペン先を上にした状態にしておくことが必要です。最近では、長い間使用していない状態でも、書けるようになっている万年筆も開発されるようになっています。また、名入れの万年筆を選ぶことによって、愛着をもって使用していくことが出来るでしょう。名入れサービスの中には、名前を彫ってもらえるだけでなく、ちょっとした絵柄も一緒に彫ってもらえるサービスがあるので普段使っている万年筆が華やかな印象を与えてもらうことができます。

Pick Up

手間をかける楽しさ

笑顔の女性

万年筆はメンテナンスを定期的に行わないといけなかったり、毎日使用しないと壊れるなど扱いに手間がかかってしまいます。しかし、このような手間も万年筆の魅力であると言えます。

詳細

加減で字が変化する

プレゼントの箱

万年筆は力の入れ具合によって文字の特徴に変化を与えられます。筆圧や傾きなどのコントロールを上手く行えるようになることで、様々なニュアンスの文字が書けるようになれるでしょう。

詳細

好みのインクを選ぶ

手帳とペン

万年筆はボールペンと違って、インクが無くなったら自分で補充を行ないます。インクのカラーバリエーションも多く、香りが付いている外国製のインクも注目を集めています。

詳細

持ち主を覚える

名刺

万年筆は持ち主を覚え、書き癖に合わせてペン先も変化していきます。また、人に貸すなと言われる程、ペン先は敏感になっているので、扱いがデリケートな筆記具と言えます。

詳細

文字を早く書ける

筆と紙

万年筆はボールペンより早く文字を書けるという優れた点を持っています。紙の上に滑らせるように書くことが必要なので、慣れていくことで早さをよりアップさせていくことが出来ます。

詳細